MMTケルトン教授が招待者らと絶縁宣言

藤井 聡氏(表現者クライテリオン編集長・京都大学教授)や三橋貴明氏や中野剛志氏らが、大枚支払ってご招待したMMT提唱者 ステファニー・ケルトン ニューヨーク州立大学教授 から、絶縁宣言されるというお気の毒な一幕がありました。



【記者会見】MMT提唱者 ステファニー・ケルトン ニューヨーク州立大学教授[桜R1/7/17] – YouTube

 

 

 

ステファニー・ケルトン教授のFacebookから機械翻訳

(機械翻訳が「禁欲」としたところを「緊縮」に訂正しました。その他も機械翻訳の訂正をしています)
ケルトンの来日に関する声明
9月13日公開
前書き
  • 当社のウェブサイトに記載されているように、Modern Money Networkは、公共の支配下にあり、公共の目的をサポートする金融および金融機関の作成と改善に取り組んでいます。私たちは、すべての人が正義、公正、平等、尊厳の基本原則と一致する方法で経済生活に参加する普遍的で強制力があり、譲渡できない権利を信じています。
  • 以前にMMNに所属していたが、MMNが歴史的に良好な関係を持っていた別の左翼組織にも関与している個人が、組織が当てはまらないと主張してMMNの信用を傷つけようとその組織を使用しようとしたことが注目されましたその値に。
  • さらに悪いことに、彼らは次のMMT会議、およびMMTコミュニティの著名なメンバーの信用を落とそうとしました。
  • 特に、問題の個人は、多くの虚偽と事実の歪みを含む、MMTの学者による日本への最近の訪問に関する声明を作成し、その組織に提示しました。
  • その個人の声明の目的は、問題の学者を非難し、彼らが(間違って)主張していると主張している行動と意図を謝罪することを要求する公開状を集団で発行するようにグループを説得することです。
  • オープンレターはまた、謝罪が申し出られない場合、MMNは非難され、MMNが組織しているという理由で今後のMMT会議をボイコットすべきであると述べています。
  • 記録を明確にし、懸念に対処し、できればこの問題を解決し、事実の正確性を維持するために、この応答を先制的に作成しました。
バックグラウンド
  • 数ヶ月前、与党の右翼自民党を率いる安倍首相は、部分的には財政赤字の規模に関する懸念に対処するために、消費税増税を実施する計画を発表した。
  • この消費税の増加は、新自由主義の緊縮原則と一致しており、経済成長を損なうだけでなく、特に経済の最も脆弱なメンバーに負担をかけることにより、逆進的な影響を及ぼします。
  • その結果、増税は、ローズマークアザラシ運動などの著名な反禁欲左翼運動、日本共産党の反緊縮メンバー、および右端の安倍の自民党の反緊縮メンバーによって反対されました。西田翔二、安藤博など。
ケルトンの日本への招待
  • 4月29日に、Stephanie Kelton教授に代わって講演者の招待を受けて管理する専門局であるLeigh Bureau [1]は、京都大学。
  • この招待は、1)「経済学101」と題された組織に代わって行われたことが示されました。これは、経済学の一般的な理解を促進する教育的非営利組織であり、 Paul Krugman、Marth Thoma、Simon Wren-Lewis、およびBrad Delong。また、2)招待状で京都大学の教授としてのみ特定されたが、以前は安倍首相の経済顧問を務めていた藤井S。
  • その招待の一環として、Keltonは、京都大学での主な講演に加えて、次のイベントへの参加も招待されました。
    • 左翼の経済学者松尾忠と経済学101へのインタビュー。
    • 衆議院での日本の政治家のためのMMTに関する講義。
    • 日本のメディアを対象とした記者会見。そして
    • 三橋テレビというインターネットTV番組へのインタビュー。[2]
  • 5月9日に、リー局はその招待をケルトンに転送し、ケルトンは提示された情報に基づいて、リー局を介して参加を約束する正式な拘束力のある契約に署名し、署名しました。
  • 5月14日、リー局はケルトンに2回目の招待状を送り、彼女が別の講演をするよう招待しました。
[1]ケルトンは非常に忙しいスケジュールを持つ有名な講演者およびメディアの人物であり、彼女の立場にある講演者は、彼らに代わって講演者の招待を審査するのではなく、重要なことを期待するのではなく、通常、講演者局に頼るのが普通です彼女が参加するすべてのメディアイベントに関わるすべての個人とスポンサーの個人的な調査。
[2] Mihashi TVは招待状で日本のメディアの「右翼の政治的側面」として説明されましたが、当時のインタビュアーが誰であるかについての情報は提供されませんでした。
ケルトンの来日に関する懸念の初期表現
  • 5月18日、ブルームバーグは、「弱体経済における税制高騰をめぐる日本の議員」と題する記事を発表し、安倍首相の消費税増税計画と、この発表が日本国内で引き起こした論争について議論しました。
  • この記事では、予定されている増税は、安倍首相自身の政党の特定のメンバー、すなわち西田正治と安藤宏によって反対され、どちらもMMTの支持者として特定されたことに留意されました。記事の関連セクションをここに再現します。
日本がデフレを払拭する前に増税することは「理解できない」と、この増加に公然と反対した別の自民党議員は彼のウェブサイトのビデオで述べた。西田は、近代通貨理論の支持者であり、自国の中央銀行を持ち、自国通貨で借入れている国が破綻することはなく、高インフレを生じさせない限り、過剰支出を心配する必要はないと主張している。MMTの別の自民党擁護者である安藤博は、次のように述べています。彼は過去に増税を延期するように安倍に請願したが、今年彼の発砲を続けた。」
  • 5月19日、Kelton は上記の記事へのリンクをコメント付きでツイートしました。
Nishida when I’m in Japan next month. #MMT Japan Lawmakers Fret Over Looming Tax Hike in Weak Economy
による英語からの翻訳
来月、日本にいるときに安藤宏と西田翔司に会えるのを楽しみにしています。 #MMT弱い経済で迫り来る税率引き上げに悩む日本の議員
来月、日本にいるときに安藤宏と西田翔司に会えるのを楽しみにしています!MMT
  • 当時、ケルトンは、安倍政権が提案した退行的で有害な消費税増税に反対していたことを除き、これらの個人については何も知らず、MMTの理解という観点からその反対を表明していました。さらに、最初の招待メールで特定された一般的な「衆議院での日本の政治家への講義」以外には、これらの個人と具体的に会う計画はありませんでした。
  • その後、同日、アメリカの黒人社会主義者は、ケルトンへの次の返信をツイートしました。

  • このツイートは、最初のツイートに対する20を超える回答の1つであり、計画された訪問に関する懸念を提起した唯一のツイートでした。さらに、このツイートは、西田がファシストであり、半分が日本語で書かれているという主張のために、リンクも追加のコンテキストも提供しませんでした。
  • 当時、アメリカの黒人社会主義者とは直接的な関係がなく、彼らの主張の文脈もなかったケルトンは応答しませんでした。
  • 確かに、Keltonには60,000人以上のフォロワーがいて、信頼性や慈善を欠くアカウントから多くの批判的で否定的な言葉の応答を含め、Keltonが実際にツイートを読んだり、真剣に考慮したりすることはありません。 、および/または彼らが批判している問題に関する関連するコンテキスト知識を欠いている人。
  • その日遅く、問題のMMNの元メンバーはMMNの指導者に連絡し、ケルトンの来日に関する懸念を表明した。
  • その懸念は、次の2つの異論に基づいていました。
    • まず、ケルトンのツイートに基づいて、彼女は日本の政治の極右の人物であった西田と安藤と直接訪問するつもりだったように見えた。
    • 第二に、政府の消費税増税計画に公然と反対することで、彼女は「ファシストに満ちた超ナショナリスト党に、人気を維持し選挙に勝ち続けるために税金を低く抑えるよう奨励する」と見られるだろう。
  • これらの異議に基づいて、元メンバーはMMNがケルトンに連絡し、西田と安藤との予定されていた会議のキャンセルを要求することを提案しました。
  • これに応じて、MMNリーダーシップは、元メンバーが西田と安藤の極右のつながりを詳述する情報を収集し、この情報をケルトンに伝えることができるようにMMNリーダーシップに提示するよう要求しました。
  • 元メンバーはそうすることに同意し、MMN指導者とMMNの他のメンバーがそのような情報を含む共同書簡に署名し、MMNに代わってケルトンに提示することを要求した。
  • MMNのリーダーシップは、MMNリーダーがケルトンに個人的に連絡し、MMN内のメンバーが懸念を表明したことを示し、大量の署名によって暗示される追加の正式な敵意なしに、友人や同志などの懸念を議論することをより適切かつ同志的アプローチとすることを提案しました手紙、要求でいっぱい。
  • 元メンバーは当初、この選択肢に不満を表明したが、最終的にはそのようなアプローチが最も建設的な結果をもたらす可能性が高いことに同意し、同意した。
  • 6月5日、元メンバーはMMNリーダーシップにメールを送信し、安藤氏と西田氏の右端へのつながり、および自民党のより広範な右翼とファシズムの背景について詳述し、「会議に助言を与えることになった」と主張した。自民党は、それが西田や安藤のような個人との会談であろうと、自民党の政府機関との公式の会談であろうと、彼らの反動的な政治の支持と見なされるだろう。
  • このメールは6月6日にケルトンに転送されました。その後すぐに、ケルトンはMMNの指導部に、安藤または西田と具体的に会う予定はなく、以前安倍首相に助言した教授から招待されたこと、そして日本の国会議員との会談には約10人が含まれることを明らかにした自民党のメンバーだけでなく、日本共産党のメンバーを含むMMTを研究するために結成された党派間議会グループのメンバー。
  • その後、この情報は元々懸念を提起していた元MMNメンバーに中継されました。
  • 元MMNメンバーは、ケルトンの反応に不満を抱いており、ケルトンが党派を超えた議会グループに話しかけたとしても、そのような存在は、彼らが政府の与党であることを考えると、自民党自体に助言することに等しいと主張したMMTのLDPメンバー。
  • MMNのリーダーシップは、以下の理由で反対しました。
    • 自民党政府は増税を可決しようとしていたため、そのような政策に反対することに関して議員に与えられたいかなるプレゼンテーションも、自民党政府自体の議題を促進するものとして現実的に見ることができなかった。
    • 提案された増税は平均的な日本人にとって逆行的で有害であり、その結果、自民党を促進する自民党内の極右勢力によってそのような反対が潜在的に押収されたとしても、公然と反対することは左翼にとって道徳的な必要であった政策への反対。そして
    • 議会で開かれた公開の講演を両党のメンバーに与えることは、権力のある党に助言することに等しいのではなく、ケルトンのような学者の公教育機能と一致していました。
  • 前のMMNメンバーは、これらの議論に納得していないが、この問題を議論することはもう望んでおらず、その時点でMMN内の問題に関する議論は終了したと述べた。
ケルトンの来日
  • 7月中旬、ケルトンは計画通り日本を訪れました。到着すると、彼女は主催チームのメンバーの一人から詳細な旅程を受け取りました。この旅程には、次のイベントが含まれていました。
    • 議会MMT研究グループとの昼食
    • 日本議会での公開講演
    • 記者会見
    • 三橋テレビへのインタビュー
    • 立命館大学での公開講演、松尾匡が司会、経済学101が共催
  • 特に、この旅程は、Keltonが5月9日と5月14日にLeigh Bureauを介して受け取った最初の招待状で詳述されている提案されたイベントとほぼ一致しています。
    • 最初に、日本の政治家に対するMMTの計画された講義は、政党間のMMT研究グループのメンバーの昼食になりました。
    • 第二に、京都大学で予定されていた会議講演は、日本の国会での大学主催のシンポジウム講演になりました。そして
    • 第三に、左翼経済学者の松尾匡と経済学101への計画されたインタビューは、松尾がモデレーターを務めることにより、立命館大学での公開講義と組み合わされた。
  • リービューローとの契約で合意されたように、ケルトンは次の3日間で前述の各イベントに参加しました。 それぞれについて、以下で詳しく説明します。
議会MMT研究グループとの昼食
  • 日本に到着すると、ケルトンは最初に議会のMMT研究グループのメンバーとともに日本の議会で昼食に連れて行かれました。この昼食会は、関連する議会ワーキンググループのメンバーに加えて、ジャーナリストや他の人に開かれました。
  • 昼食時に、ケルトンは多くの人々に紹介されましたが、その名前は以前は不慣れでしたが、MMTの愉快さと基本的な概念について話し合いました。さらに、ケルトン、藤井、安藤、西田との写真など、多くの写真が撮影されました。
  • 当時、ケルトンは、自民党と日本の共産党の両方のメンバーが、最初の招待に応じて出席することを期待し、両党のメンバーが約10人の議会研究グループに参加したという事実。
  • ただし、出席後の議員の数が比較的少ないことを考えると、イベント後、ケルトンはこの事実について明確化を求め、日本共産党の研究グループのメンバーは、差し迫ったために最終的に出席できないと通知されました次の日に選挙を行い、その時間を選挙区の選挙運動に費やすことにしました。昼食後、ケルトンはブルームバーグや日経などの主要メディアとの短いインタビューを何度も受けました。
シンポジウム講演
  • 続いて、彼女はシンポジウムの一環として基調講演を行い、日本の議会の大講堂で開催され、藤井が設立した京都大学レジリエンスプラクティスユニットの後援としてケルトンに提示されました。
  • 旅行から戻った後、ケルトンはその後、式の基準や霊岩政策ピボットなど、藤井に関連する他の組織によってもイベントが開催されたと判断しました。
  • しかし、イベントの主なスポンサーは京都大学であり、これは4月29日にリー局に向けられていた当初の招待と一致していたため、これは当時または事前にケルトンにとって明らかではありませんでした。[4]
  • このシンポジウムは、すべての政党のメンバーに広く宣伝され、約500人に収まる日本の議会の部屋で開催されました。少し前に、イベントがオーバーサブスクライブされる可能性が高いと判断され、その後、盲目の宝くじシステムに基づいて出席が調整されました。
  • このイベントは、決して自民党またはそのサブグループのみに向けられたものではありません。イベントの写真は次のとおりです。
[3]これは、経済学101が共催したケルトンの最終的な旅程の唯一のイベントでした。
[4]さらに、旅行に先立って元MMNメンバーからMMNリーダーシップによってケルトンに転送されたメールには、西田、安藤、および自民党に関する情報のみが含まれ、藤井、表現基準、またはレイワポリシーピボット。記者会見

  • 基調講演の後、Keltonは日本の議会の同じ建物で開催された記者会見に出席しました。記者会見は多くの著名な主流の国際的および国内のメディアを特色とし、MMTと政府が提案した消費税引き上げに焦点を当てた。
  • 主流の記者会見のために、それは日本の議会での有名な講演をカバーする標準的な記者会見のようでした。
三橋テレビへのインタビュー
  • 翌日、ケルトンは、三橋テレビのインタビューを三橋孝明と行った。
  • インタビューの前に、三橋は「人気の経済解説者」として彼女の翻訳者によってケルトンに紹介されました。
  • そのインタビューの中で、MMTに関連する多くのトピックが議論されました。MMTはさまざまなイデオロギーの視点を持つ人々が採用できる分析レンズであるという事実が含まれています。
  • ある時点で、三橋は、雇用のために移住を余儀なくされるのではなく、雇用保証によって人々が出身国で仕事を見つけることができるかどうかをケルトンに尋ねた。ケルトンは同意したが、気候変動が数十億人の人々を家から追い出そうとしていることを考えれば、移民がより広く仕事を保証することを期待するのは非現実的であることに留意した。
  • このインタビューの前または最中に、ケルトンは日本での三橋の評判、または過去の個人歴を認識していませんでした。
立命館大学公開講座
  • その日遅く、ケルトンは立命館大学に出席し、著名な左翼経済学者の松尾忠氏が司会を務めた講演を行った。
  • 講義は主に大学の学生やその他の学者に向けられ、著名な経済学者である阿部経済学の開発者であり、イェール大学の経済学名誉教授である浜田耕一を含む約150人が出席しました。このイベントの写真は次の場所にあります。
  • 講義の後、Keltonは松尾や他の進歩的な反禁欲的なローズマークシールキャンペーンのメンバーと出会い、交流するために、かなりの期間大学に留まりました。
  • この会議で、ケルトンは、ローズマークシールキャンペーンに対する支援と励ましの追加の即興的な発言を行いました。この会議の写真は以下にあります。また、会議に関するローズマークシールキャンペーンのツイッターアカウントからのツイートはこちらにあります

  • 3日目に、Keltonは日本の主要なメディアとの一連の1対1のメディアインタビューを実施し、その日の残りの時間を彼女の子供たちへの贈り物を求めて買い物をしました。
日本訪問後のケルトンの対応
  • 米国に戻ると、最終的な旅程と最初の招待状提示された性質との間の多くの不一致を考慮して、ケルトンは次の行動をとりました。
    • 12月21日に同じグループが主催するフォローアップイベントへの招待を受け入れることを拒否。
    • 三橋、表現者クライテリオン、またはレイワポリシーピボットを含む将来のイベントに参加しないことを決定しました。そして
    • 同様の発言の招待を以前に受け入れた他の著名なMMTに手を差し伸べ、フォローアップの招待を受け入れない、またはミツハシ、クライテリオン、または令和ポリシーピボットを含む将来のイベントに参加しないという彼女の決定の背景を説明します。そして
    • 7月21日に松尾匡にメールを送りました。
      • 立命館大学で2回目の大学講義を開催したことに対する謝意を示した。
      • 緊縮財政運動の他の進歩者と連絡を取り合い、つながりを持ちたいという意欲を示した。そして
      • ローズマークシールキャンペーンの緊縮に対する取り組みを支援する何かを書くことを約束しました。
MMTアカデミックによるさらなる対応
  • ケルトンから提供された情報に加えて、日本の政治に精通している他の同僚からの追加の検証に基づいて、MMTアカデミックビルミッチェルは、将来このような問題を回避するために来日するための一連のプロトコルを起草しました
    • 提案されたすべてのイベントがすべての人に開かれていることを要求し、すべての販促資料を事前に入手可能にする
    • 標準的な国際メディアまたは主要な日本のメディアマストヘッドにのみインタビューを行う。
    • プレスイベントを含め、招待を受け入れる前にすべての資金源を確認する。
    • 可能な限り、スピーカーの招待者から提供されていない独立した通訳者を獲得する。
    • 三橋との交流や関与を避け、安藤または西田と個人的に会ったり、交流したり、写真を撮ったり、ソーシャルメディアで宣伝したりすることを避けます。
    • Criterion、Keiei Kagaku Shuppan、Reiwa Pivotのイベントが主催または宣伝するイベントに参加しない。
    • ローズマークシールキャンペーンが主催するイベントに積極的に参加し、ソーシャルメディアを介してそのようなイベントを宣伝しています。
  • さらに、ミッチェルは藤井に手紙を書き、クライテリオンの編集者として、第二次世界大戦中に日本が犯した南京やその他の残虐行為についての嫌悪と虚偽の主張を含むMMTに関する記事と一緒に発行されたクライテリオンの記事を撤回するよう要求した。
MMNの立場と声明
  • MMNリーダーシップの観点から、上記のアクションは十分な対応であり、MMNがより広いMMTコミュニティ内で支持し、支持しようとする包含と反ファシムの原則へのコミットメントを反映しています。
  • さらに、これらの行動は、問題のMMT研究者の性格と政治的コミットメントと一致しているように思われます。
  • これらの個人が、尋ねられたときにこの情報を私たちとすぐに共有してくれたことに感謝しています。
  • また、他の左翼グループが、文脈から切り離された画像とオンラインで行われたコメントだけに基づいてイベントを明確に理解することは難しいことも理解しています。
  • ただし、この認識は、不変の結論に達して公的な主張を行う前に適切な調査の重要性を強調するだけであり、その後、MMTコミュニティの人々のような進歩的な原因を正当化し、弱体化しようとする一般的な敵によって武器化される可能性があります。
  • 抑圧、不正義、反民主主義勢力の反対に人生を捧げてきた公人として。KeltonなどのMMTの学者は、行動がそのようなコミットメントと矛盾していると思われる場合、仲間のMMT者や進歩的なコミュニティの他のメンバーからある程度の誠意と最初の利益を受ける権利があると考えています。
  • このような信頼と誠意は、特に高いストレスと逆境の状況下で、そして野党グループが自分たちの利益のために左派内の言説を選り抜き歪めることができる時代において、連帯と強い仕事上の関係を築くために重要です。
  • そのために、長い間MMTコミュニティの友人と考えられていた元MMNメンバーが、基本的な連帯を示さずに彼らが行った戦略を採用することを選んだことを悲しく思います。
  • ケルトンの来日以来、直接的な経路を通じて明確化や解決を模索する試みありませんでした。代わりに、声明を起草した個人は、別のグループを兵器化し、学者の性格を塗りつけることを選択しました。
  • この戦略が、関連当事者と直接そのような懸念を提起する試みを最初に行うことなく、表面上は連帯へのコミットメントの名において、精神において、提案されたグループによって適切であると判断されたことをさらに悲しい、または問題の事実と主張の追加検証を求めます。
  • この戦略の意図された明確な目標は、公開時の声明を最大限に公開し、敵対的な方法で解釈される可能性を最大化し、そのグループとMMNの間の誠意の推定を破棄することでしたその後のダイアログ。
  • 最後に、このような重要な決定が必要とする最小のデューデリジェンスを最初に行わずにそのような声明を公表するかどうかを検討するために問題のグループが急いでいることに失望しています。 -ファシズム、それがおそらく逆効果を持つとき、左の著名な人物であり、私たちの世代が戦わなければならない最高のチャンスを表すMMT以外のより広い動きに関係している人々とアイデアの評判を傷つけるファシズムと緊縮の邪悪な力を打ち負かす。
  • MMNは、常に進歩的な価値観と連帯の原則にコミットしており、この声明が関連する事実に関する長引く誤解を明確にし、検討しなかったと非難されている原則を正確に守る意思を示すことを願っています。

敬具、

MMN実行委員会

補遺
  • この補遺の目的は、DSA-LSCの現在リリースされている声明の最後に添付されている付録に含まれる特定の申し立てに対応することです
  • DSA-LSCには、表向きに付録が含まれており、ケルトンの日本での行動に関する声明の主張を裏付ける詳細な証拠を提供しています。
  • 現実には、自民党の歴史の詳細、極右の特定の日本の人物、およびより広く日本の政治の状態を含む、付随的な事実で主に構成されています。
  • この余分な情報を脇に置いて、付録には、ケルトンの旅の詳細に関連する2つの明確で具体的な主張のみが含まれています。それぞれについて以下で説明します。
ケルトンの旅の目的
  • 第一に、Keltonの日本への訪問は、「もっぱら極右のファシストの人物と会って教育することだけに集中している」と主張している。これは誤りです。
  • 上記で詳述したように、ケルトンのスピーキングエージェンシーであるリー・ビューローは、彼女に代わって2つの招待状を受け取りました。
    • 下院での日本の政治家のためのMMTに関する公開講演。
    • 「MMTと終りのデフレ」に関する京都大学での会議での公開講義。
    • 記者会見;
    • インターネットTVチャンネルとのインタビュー。
    • 立命館大学での公開講演。そして
    • 教育非営利団体「エコノミクス101」が組織する、左翼経済学者であり、進歩的な反緊縮団体であるローズマークシールムーブメントのメンバーである松尾忠氏へのインタビュー。

まとめ

はぁ~とため息。

MMTってサヨクご用達だったのですね~

南京大虐殺を認めないヤツとは会わないって???その認識間違っているんですけど? 数の問題じゃないって、世界の大虐殺の中で日本は大虐殺などしていない国なんですけど?

それが極右扱いされて、MMNから叱られるからいっさい会わないと言うことですね。

しかしサヨク学者の松井匡さんの薔薇マーク運動は別よってことですね。

あぁそうですか。

次回はMMTに対する反論をまとめたいと思います。

 



 

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村