えらてんさんをカバラで占いました。

しょぼい政党を立ち上げた、えらてんこと矢内東紀氏をカバラ占いしました。


 

えらてんさんの本質的な性質と特徴

誕生数はあなたが生まれた時に、ご両親と天から与えられた純粋な性格を示します。人は性格は、永遠に生まれた時のままではありません。いろいろな経験や出会いを得て、成長しながら社会へと適応していこうとします。本来の性格の長所をそのまま成長させる人もいれば、別の人格を心の中に作って順応させようとする人もいます。カバラの誕生数は、あなたですら忘れているかもしれない、成長前のオリジナルな性格を教えてくれるのです。

誕生数7の人は、とても「独創的」です。あらゆる物事の捉え方、感覚、思考などにおいて一般の人とは、少し異なる視点を持っています。その鋭く俯瞰的な洞察力は、常に頭の中で独自の理論を構築し、その哲学的な考えや思考を重視して行動する性格になります

誕生数7の人の「思考」や「感覚」はやや変わっていて、ユニークです。潜在的に独自性や創造性を求めて、オリジナリティを重視するので、流行に無頓着だったり、マニアックになりやすい傾向があります。その傾向が強くなりすぎると、あなたの思想をなかなか理解してもらえないために、俗世間から離れた世界を好んだり、独自の世界を作りやすくなります。

また、神経質で論理的な考え方をするために、感情的に物事を口にするような人物に対しては苦手意識を持ちやすくなります。なかなか素直になれない性格と、頭の回転が早いのが災いして、高尚で皮肉な口調になりやすく、結果的に、気難しくて、冷たい印象を与えてしまうことが多いようです。

しかし、誕生数7の人は、心の内は博愛的で、誰に対しても公平に接する事ができる優しさを持っていたり、秘めた情熱はすごくホットなモノを持っていたりします。ただ、それが表情や言葉になりにくいのです。そのため、誤解を与えやすく、またそれを自ら修正しようとは思わないので、孤独になりやすい性格だといえるでしょう。

誕生数7の人は、物質的な富に対する執着が薄く、精神の向上や、真理の探究に力をいれる傾向があるため、損得を気にせずひたすら好きなことを続ける人が多いようです。

 

えらてんさんの性格の成長と表面的(対面的)性格

姓名数が示す性格とは「性格の成長傾向」です。誕生数が示す「本来の性格」の成長や変革の廻に、この姓名数が示す「成長傾向」に影響されることが多くなります。姓名数が示す「性格」はいわぱ、あなたにとっての理想像てあり、「自分がどうなりたいか」を示す指針だといえます。姓名数と誕生数が示す性格が同じベクトル(方向)を向いている場合は表裏のない性格になりますが、相反する場合は表面的な性格と本質にギャップが生じてしまうことから、裏表のある性格になってしまったり、精神的に弱くなってしまうことがあります。

姓名数に3を持つえらてんさんは、知性あふれる社交家を理想とします。難事件を解決する名探偵のように、優雅でセンスよく立ち回りたいと考えていていますから、知的好奇心が旺盛で探究心もあり、自然と幅広い知識を身につけていくでしょう。学術からゴシップまでジャンルに好き嫌いを問わないので、話題も豊富で会話のセンスに優れた人が多いのも特徴です。

姓名数3のひとは、単に頭でっかちな知識を得ようとするのではありません。ユーモアがあり、誰とでも仲良くできて、みんなを楽しませることができる男性像にあこがれ、自らを成長しようとしますので、とても社交的に振る舞おうとするはずです

そのため、姓名数3の人は、その自由性から「利己的」で自分勝手なイメージを抱かれやすいものの、自分を抑えて、相手に合わせることが多いのです

また、姓名数3のひとは、意識が「外」に向きやすく、性格も明るく快活なイメージを自ら作りやすいため、本質的な性格(誕生数)とのギャップが出やすい傾向があります

例えば、人前では「社交的な人気者」を演じますが、家に帰ると、とたんにテンションが下がり、口数少なくなる・・などオン・オフが激しい性格になることもあります

姓名数3の人は、基本的に「楽天的」でポジティブですから、小さなことに悩んだり、ずるずると遺恨を引きずったりはしません。さっぱりした性格だといえますが、同時に、時間やお金(消費癖・貸し借り)などにルーズになりやすいですので、注意が必要です

誕生数3の人は、そのポジティブさとアクティブさを維持しながら、「本来の自分」も出せるようになってくると、とてもバランスのよい人格を形成できるようになります


えらてんさんの感情と行動のパターン、本能的性格

パスとはカバラにおける径であり、各セフィロトの通り道となり、各パスはタロットに対応しています。(パスの番号はタロットの番号にプラス1されます)パスは性格形成において、潜在意識と表面意識の申問くらいに存在していると考えられ、表面意識への影響力も強く、特に衝動的な心の勤きをよく表す性格です。人によってパスの性格が表面に出る度合いが異なりますが、パニック時や重要な決断を迫られた時など、意思や倫理の介入が難しいシーンで表面化しやすい特徴があります。

4番のパスはタロットカードにおける「女帝」に対応しています。女帝はタロットは、「母性」や「実り」を意味します。このパスをもつえらてんさんは、潜在的に豊かさを求める気持ちが強いはずです。母性は、守らなければならない者へ対しての、執着を強くし、そしてそれが円満に育(はぐく)まれていく事を望みます。愛情豊かで、誰にでも人間的な愛情を向けたいと願いますので、頼まれると断れない性格なのは、このパスの影響といえます

また、弱いものには、人一倍の愛情と関心を持ちますので、それが執着心となりやすい傾向もあります。「母性的な愛」は、あなたにとって、絶対的な意味を持ってしまいます。例えば、お金持ちの女性と、あなたなしでは生きられないような、社会的にも、精神的にも弱い女性の、どちらかを選ばなければならないとしたら・・恐らくあなたは後者を選ぶでしょう

理論で理解できる、現実の世界の優劣や平穏よりも、あなたにとっては、遙かに「育む」事のほうが大切なのです。

また「女帝」には「美の意識」の意味があるので、清潔感や表面的な美しさに欠ける物や人物に対しては嫌気を覚えるでしょう。母性と同様に、美意識もあなたの感情に対して、強い影響力をもっていますので、選択肢を迫られた場合には、それもボーダーラインの一つとなります。

 

えらてんさんの人生の宿命性と真なる目的

誕生数が示す運命とは、あなたが持って生まれた宿命でもあり、天命とも言えます。それは、あなたの人生に与えられた大きな目標であり、その基礎となる環境や運気を教えてくれる数字でもあります。「宿命」は不変的てあり、強制力の強い運命でもあります。これを自身で変化させることはてきませんが、あなたに「与えられた運命の意味」を知ることは、人生を歩む上で大きな指針となるだろうし、迷ったときに道標となるはずです。「道」を外れたとき、「自身の宿命」に立ち戻ることで、失っていた何かに気づくこともあるはずです。

誕生数7をもつあなたに与えられた宿命とは「新しい価値を示すこと」です。優れた洞察力や、あらゆる側面から物事を捉えられる思考力、そして哲学を生み出すことができる頭脳。これらは、一般的な価値観にメスをいれるために、与えられた能力なのです。

「常識」は、過去の人が統計学のような概念で生み出した仮説であり、それが世の中で受け入れられただけにすぎません。学校で習ってきたはずの「史実」が、一つの発見によって覆されてしまうように、最終的な「真実」がどこにあるかどうかは、神様にしかわからないのです。

もし、地球上のすべての人が「常識人」だったとしたら、それ以上の進歩も無くなってしまうでしょう。世界も、国も、人間も、絶えず成長していく必要があるのです。

その成長のために、「波紋となる石を投げ入れる」のが、あなたの宿命の一端でもあります。もちろん個人差はあり、その目的も人それぞれでしょう。世界的な学説を変えてしまう人もいれば、小さな会社の一組織を変えるだけ人もいるでしょう。たとえ、「舞台の広さ」に差はあれど、それは、どちらも大切なことなのです。小さな改革がやがて大きな波紋となるかもしれません。

小さくとも大きくとも、7の人は、世の中を変えていく必要があるのです。また、誕生数7の人の思考は、あまり独創的すぎて、理解されないことが多いかもしれません。時には、あなたが生きている間に「望んだ変化」に立ち会う機会は得られないこともあるかもしれません。それでも、未来に向けた「新しい価値を創造する」宿命を背負っているのです。

 

えらてんさんの人生の目標と指標

姓名数が示す運命は、あなたの人生の目標であり、指針となるものです。誕生数の「宿命」とは異なり、姓名数が示す運命はいわば、宿命という大きな道筋の中にある分岐点ともいえるかもしれません。多くは姓名数が示す運命が人生の目標となり、流れとなることが多いでしょう。誰しもが「宿命」通りの人生を歩むわけてはありません。宿命とは大きな道であり環境です。それに沿って歩くも、離れるもその人次第でもあります。宿命は変えることができませんが、運命は変えることができます。進む道は、あくまであなたの自由なのです。

姓名数3をもつえらてんさんの目標は「希望」と「自由」を得ることです

紆余曲折する人生の中にあって、自身の精神に真の自由を得て、そして、他人へも自由と希望を与えることです。自由とは、とても難しい定義です。人はどのような立場にあろうと、何かしら束縛を受けているものです。たとえ巨万の富を得ていたとしても、権威を失うことの恐怖、財産を持っているが故の制約や確執が生まれ、やがて人生は「金」に支配されてしまうでしょう。

逆に、お金が無く、日々の生活にも苦労し、未来を見ることも、過去を振り返ることもできないという人もいるでしょう。物理的な裕福では「真の自由」を得ることはできません。「真の自由」とは精神にしか宿りません

万物の事象を受け止め、何事にも捉われることのない、どこまでも続くような青空のような「心」が必要です。広く、寛容な心は、自らの呪縛を解放するだけでなく、他人をも幸福に導くことが出来るでしょう。「自由」は理屈ではりません。「真の自由」を心から感じ、求めるためには、様々な体験や経験が必要となります

それゆえに、姓名数3の人には「選択の自由」も与えられていて、その人生における「重要な選択」を迫られることが多くなります。自由を得るとは、責任を放棄し、一人で好き勝手に振舞うという事ではありません。あなた自身が選択した人生に責任を持つこと、そして、その「選択した人生」に中に見つけた「自由であることの価値」。これを学び、知り、そして形に残していくことが姓名数3の人の役割なのです。

 

えらてんさんの人生における出来事の傾向と法則性

誕生数は「宿命」を、姓名数は「目標」を示してくれますが、パスは、その過程の中で運命を左右する出来事を示します。パスは個々の運命における道筋の中で、遭遇するであろう様々な出来事や、環境を教えてくれます。パスが示す運命は、誕生数や運命数に比ぺると影響力は弱いてすが、あなたの人生の中に起こりうる「出来事の傾向」を教えてくれるでしょう。パスが示す運命は具体性が強く、パスを上手に活かすことは、幸福な人生を得るための大きな握となります。

4番のパスを持つ、あなたの運命で重要になるのは「愛情」です。恋愛や結婚は、誰の人生においても、かけがえのない喜びの一つで、人生でも大きな分岐点の一つですが、あなたの場合は、それがより顕著で鮮明になります

えらてんさんの人生に愛はかかせません。あなたは、心に発生する、「愛情」という大きな波の狭間(はざま)で生き、人生を歩み、大切なものを育んでいかなければなりません。女帝には「早熟な性」という意味もあり、4番のパスももつ人の多くは、若いうちから肉体的な交わりによる快楽と共に愛情を深めていく傾向があります。

色欲が強いという訳ではなく、身体を重ねる事による愛情を、深く感じることができる感性があるからだと言えます。ダイレクトに愛を感じたい気持ちが強いため、避妊具などを好まない傾向が強く、「できちゃった結婚」が多いパスでもあります。愛情がキーなだけに、予想もしない時に人生の転機が訪れるでしょう。ただ、あまりに快楽に溺(おぼ)れすぎると、大事なターニングポイントで目的を失い、人生をマイナスに転化させてしまいます。いずれにしても、えらてんさんにとって、「愛」は人生がプラスにもマイナスにも転化する大事なイベントです。愛することは大事なことですが、それが、独善的にならないようにして下さい。


えらてんさんが生まれながらに持つ才能

誕生数はあなたの中に生まれながらに存在している「潜在的な才能」を示します。誕生数が示す才能は、いったん開花し始めれば著しく成長していくのですが、活かす機会を見いだせないと、眠ったままになってしまう事も少なくない才能です。これは成長期の興味が、姓名数に影響されやすいためで、「現実的な興味」と誕生数の才能の方向性に差異がある場合は、なかなか威力を発揮できません。また、爆発力がある分、伸びるタイミングがそれぞれ異なるため、人生の過程で活かせるかどうかで差が出る才能でもあります。

誕生数7がもつ才能は、言うまでなく「独創力」です。独創性を生み出すための、観察力、洞察力、冷静さ、知性への情熱、思考力、どれをとっても、鍛え上げれば一級品になりうる強力な才能です

ただ、それ以上の才能として、7の人は「シックスセンス」的な能力を持っていることが多い傾向があります。強力すぎると「霊感」や「超能力」的なものとして認識してしまう人もいますが、基本的には、直観力とインスピレーションに優れているといえます。もっと簡単に言えば、「閃き」です。このセンスだけは、努力しても得られるものではありません。それが「オリジナル」だとすればなおさらです。

誕生数7の人は、創造力において、他の誕生数の人よりも遙かに高いアドバンテージを持っているといえます。また、誕生数7の人の成功は、この「閃き」にかかっているといっても過言ではないかもしれません。

この才能を磨くには、心を落ち着かせる事ができる、あなたにとって「特別な場所」を持つことです。山や森に籠もれという意味ではないし、変にオカルトになる必要もありません。お風呂場でもいいですし、寝室でもいいですので、どこかに心安らぐ神聖な空間(ヒーリングスペース)を作ることです。

悩んだり疲れたりしたら、そこで精神を休め、気持ちを落ち着けましょう。きっと、えらてんさんの「閃き」を最大限に伸ばしてくれるはずですし、その閃きがあなたが持つ全ての能力を加速させるでしょう。

えらてんさんにとって伸びやすい能力

姓名数は基本的な適性能力を示します。「適性能力」とは生まれ持った才能ではなく、表面化しやすい才能であり、身につけやすい才能だといえます。この世で幸福をつかむことの多くは、努力や純粋な興味が「きっかけ」となるし、多くは自助努力で成せることが多いものです。「才能」が成否を分けることはスポーツや芸術など一流の分野のみです。適性能カとは、あなたが興味を持ちやすく、努力を借しまずに熱中できる分野だといえます。誕生数ほどの爆発力は期待できませんが、確実に伸びていく能カです。

姓名数3を持つ人は、マルチな才能と、幅広い知識で、世の中を縦横無尽に駆け巡るれる柔軟な能力があります。えらてんさんの、最たる才能は知性であり、探求心ですから、必然的に学術や研究的な分野には興味が向きますし、没頭できるはずです。姓名数3の人は、その興味も幅広いので、学術といっても教師や研究者といった、お堅い学術だけでなく、サブカルチャー的な方面にも趣向が向きますから、雑誌記者やルポライターなどとしても適性があると思います。性格的に一つに収まらない傾向があり、一芸を磨くというよりは、広く浅いスキルを身につけていく傾向があります。

姓名数3の人は、明確な適性はありません。興味を持つことさえできれば、集中力を発揮できますし、それなりの成果を残すことができるはずです。ただ、「よほど好き」でないと長続きしないのがこの数字の特徴でもあります。大きな成功を成し遂げるには、はやく本気で熱中できることを見つける事が重要となるでしょう。そうでないと、能力が多様化してしまうだけで、どれも中途半端で終わってしまうことになります。どの分野でも一流といわれる人は、その分野(能力)で突出しているわけですから、面倒になると(責任などが重くなると)逃げたくなる弱点は克服しなくてはなりません。

また、姓名数3の人は、社交感覚は素晴らしいものがあり、会話のセンス、ユーモアなど、対人的な魅力を強く持っています。そのため、営業職など、第三者とのコミュニケーションがメインとなる仕事にも高い適性があります。

 

えらてんさんの適性能力と適職

パスはやや付随的な才能を示します。誕生数、姓名数、という大きな潜在性の基盤の上にある、プラスアルファの能カだと考えると良いかもしれません。パスがもつ「才能の傾向」が誕生数や姓名数と同一であれば、その能力はよリ強化されていくだろうし、異なれば、それだけマルチな才能を持つことになるでしょう。基本的にパスは表面化しやすい能カてあり、成長しやすい能力でもあります。そのため、パスは姓名数と併せて、職業や職種などの適性を占うのに適した要素だといえます。

パスの4が持つ才能は愛情と魅力、そして美への関心とセンスです。特に子供好きが多く、愛情を持って接することができますので、保父や教師など、子供の成長に関わる仕事は適職といえます。また異性に対するアピール度が高く、魅力がそのまま、収入に直結するタレントやモデルなどの仕事は、その才能を最大限に発揮できるでしょう。

「育てる」という感覚からすれば、農園や牧場など、動植物を育てたり世話をしたりする仕事にも向いています。特に小さい動物などは可愛くて仕方がないと思いますので、ペットショップ経営や獣医などになる人もいるでしょう。また美意識がとても強いので、物心がついた時からオシャレには関心が高いと思います。このパスの人は、食事をするような感覚で、当たり前にオシャレを楽しみます。

この感覚は、幼い頃は「育てる」という感覚の対象が、他人ではなく自分に向くので、伸びる才能です。ようは「自分を育てる」手段として、「大人のように着飾る」ことを好み、結果、オシャレの意識をより強めていくのです。その才能を磨いていけば、ヘアデザイナーやファッションデザイナーなど、独自の美を創り出していく事にも、高い能力を発揮できるでしょう。音楽など、目に見えない世界の美しさを求めて、その道に没頭してしまうかもしれません。いずれにしても、4番のパスをもつえらてんさんには、愛情や美しさが関係する職種や環境が適しているといえます。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村