反日種族主義 日韓危機の根源

韓国人による韓国のウソを批判し、正しい歴史認識をここまで赤裸々に容赦なく公開した書籍は未だかつてなかったでしょう。ソウル大や成均大、ハーバード大研究員、李承晩学堂校長など層々たる学者たちが錯誤に対する厳正な学術的批判を展開されたことには、ただただ尊敬の意を強くするばかりです。


Contents hide

反日種族主義 日韓危機の根源 | 李 栄薫 |本 | 通販 | Amazon

反日種族主義 日韓危機の根源 | 李 栄薫 |本 | 通販 | Amazon

内容紹介
韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場!

緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の本が大きな話題を呼んでいる。
7月の刊行以来、11万部のベストセラーとなっている『反日種族主義』は、元ソウル大教授、現・李承晩学堂校長の李栄薫(イ・ヨンフン)氏が中心となり、現状に危機感をもつ学者やジャーナリストが結集。慰安婦問題、徴用工問題、竹島問題などを実証的な歴史研究に基づいて論証、韓国にはびこる「嘘の歴史」を指摘する。

本書がいわゆる嫌韓本とは一線を画すのは、経済史学などの専門家が一次資料にあたり、自らの良心に従って、事実を検証した結果をまとめたものであるということだ。
その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には大きな嘘があったことが明らかにされている。そしてそうした嘘に基づいた教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を正しいものと信じ込み、反日に駆られている。
民族主義というより、意見の合わないものを力ずくでも排除する非寛容な「種族主義」が韓国には蔓延しており、それが日韓の関係を危機に陥らせている根源なのである。
本書は大韓民国を愛する学者たちによる、憂国の書だ。

目次
日本語版序文
はじめに
プロローグ 嘘の国
第1部 種族主義の記憶
1 荒唐無稽『アリラン』
2 片手にピストルを、もう片方に測量器を
3 食糧を収奪したって?
4 日本の植民地支配の方式
5 「強制動員」の神話
6 果たして「強制労働」「奴隷労働」だったのか?
7 朝鮮人の賃金差別の虚構性
8 陸軍特別志願兵、彼らは誰なのか!
9 もともと請求するものなどなかった――請求権協定の真実
10 厚顔無恥で愚かな韓日会談決死反対
第2部 種族主義の象徴と幻想
11 白頭山神話の内幕
12 独島、反日種族主義の最高象徴
13 鉄杭神話の真実
14 旧総督府庁舎の解体――大韓民国の歴史を消す
15 親日清算という詐欺劇
16 ネバー・エンディング・ストーリー 「賠償!賠償!賠償!」
17 反日種族主義の神学
第3部 種族主義の牙城、慰安婦
18 我々の中の慰安婦
19 公娼制の成立と文化
20 日本軍慰安婦問題の真実
21 解放後の四十余年間、慰安婦問題は存在しなかった
22 韓日関係が破綻するまで
エピローグ 反日種族主義の報い

解説 「反日種族主義」が問いかける憂国 久保田るり子(産経新聞編集委員)

内容(「BOOK」データベースより)
慰安婦・徴用工・竹島…韓国を愛する研究者らが実証的に検証。日韓関係を危機に陥らせた数々の「嘘」を指摘した憂国の書。韓国を震撼させたベストセラーの日本語版。


韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態

韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態

内容紹介
今の韓国の小学生たちを見たとき、日本に対して反感や憎しみを持っていることが多い。その中には何らかの体験や事件を通して反日の催眠から目覚める者もいるが、多くは日本に対する反感を持ったまま成長し大人になる。
もし、その人が日本人から被害を受けたり、日本旅行で嫌な思いをしたため日本に対する反感を持つようになったというなら、それは十分理解できる。 しかし、残念なことは多くの場合、日本や日本人との接触、つまり「直接体験」ではなく、教育と伝聞による「間接体験」だけで反日感情を抱いているということだ。

韓国の教育の現場では、実際、どのような〝反日教育〟が行われているのか<? br>歴史や国語の授業にとどまらず、道徳や音楽にまで及ぶ〝反日教育〟の実態とは<? br>韓国の異様な教育の実態を知れば、日韓問題の本質が見えてくる。

内容(「BOOK」データベースより)
「歴史」や「国語」の授業にとどまらず「道徳」「音楽」にまで及ぶ反日教育とは?異様すぎる反日教育を知れば日韓関係の本質が見えてくる。

目次

第1章 独島の教科書
第2章 韓国の「歴史教科書」を読む
第3章 韓国の「国語教科書」を読む
第4章 韓国の「道徳教科書」を読む
第5章 韓国の「音楽教科書」を読む
第6章 学校の「外」で行われる教育
第7章 学校の「後」で行われる教育
第8章 韓国の日教組「全教組」


韓国人ユーチューバー・WWUK 韓国人のボクが「反日洗脳」から解放された理由

韓国人ユーチューバー・WWUK 韓国人のボクが「反日洗脳」から解放された理由

内容紹介
僕はなぜ「韓国」を捨てて、「日本人」になりたいのか。
韓国生まれの生粋の韓国青年が「親日派」になった理由を全告白!
そして、韓国人の「反日種族主義」「侮日論」に負けるなと助言!
そんな著者には「親日派」は許せないと、殺人予告も!

——————

「親日派野郎、お前を殺すためにナイフを買った。もう一度このクソみたいな動画を載せたらぶっ殺してやる。夜道に気を付けたほうがいいぞ」との「殺害予告」を韓国人の視聴者から受けたけど、僕は屈しない!
だから、日本人も、韓国人の「反日種族主義」「侮日論」に負けるな!
日韓歴史の真実を知った今、「日本のことが大好きだ」と堂々と胸を張って言いたい。「日本を悪く言うのは表現の自由、韓国を悪く言うのはヘイト」が許せない。

(著者の言葉)
僕は日韓の歴史について学んだ結果、日本のことが好きになりました。ですから、歪曲した事実を元に非難されることが我慢できない。そういう韓国人の意識を正したいのです。
よく韓国は「歴史を忘れた民族に未来はない」と言うけど、歴史を忘れたのはどちらでしょうか。今までの韓国の言動を見れば一目瞭然。僕は日本寄りの意見をしているわけではありません。
正しいことを発言しようとすると、日本寄りの発言になってしまう。母国だからといって擁護する必要は全くなく、むしろ無条件の愛国心はその国を破滅へと導く。だからこそ僕は韓国に対し、厳しく当たっていきたい。

目次

第1章 僕が“親日”になった理由(竹島は「反日入門」
日韓併合時代に育った祖母 ほか)
第2章 ネット規制を強める韓国(レーダー照射はひどすぎた
漢字が読めないから歴史がわからない ほか)
第3章 「反日」という「我が国幻想」(竹島は李承晩大統領が強奪した
韓国は日本人殺害を公式謝罪せよ ほか)
第4章 暴走する文在寅政権(文大統領こそ「徴用工訴訟」の張本人
「韓国の施設をすべて撤去せよ」 ほか)
終章 日韓関係の再構築のために(お辞儀を返した韓国選手
国民が目覚めなければ国は変わらない ほか)

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村